スポンサーリンク




Reebok

Reebok × yoshiokubo 10月9日発売予定

スポンサーリンク

独創的なデザインを得意とするメンズファッションブランドyoshiokubo(ヨシオクボ)がREEBOK(リーボック)との初コラボレーションスニーカーを10月9日発売。

Reebok × yoshiokubo

独創的なカッティングやグラフィックデザインが特徴のファッションブランドyoshiokubo(ヨシオクボ)がREEBOK(リーボック)との初コラボレーションスニーカーを10月9日発売。リーボックを代表するアイコンモデルINSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)と、今年35周年のアニバーサリーを迎えたCLUB C(クラブ シー)をベースに採用しており、今年1月に開催されたパリでのコレクションにて登場したモデルとなっています。

リーボックオンライン ポンプフューリー CLUBC10月9日10時
リーボックストア 渋谷/リーボック クラシックストア
yoshiokubo OFFICIAL WEBSITE
MIDWEST
LOVELESS


リーボックオンライン(ダイレクト)
INSTAPUMP FURY OG – YKGF
FY3044
発売予定日 2020年10月9日
価格 22,000円(税込み)


リーボックオンライン(ダイレクト)
リーボックオンライン(ダイレクト)
CLUB C 85 – YKGF
FY3038
発売予定日 2020年10月9日
価格 15,400円(税込み)

INSTAPUMP FURYの記事についてはこちら

INSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)とは

Instapump Fury(インスタポンプフューリー)とは

今となってはREEBOK(リーボック)の代名詞とも言えるモデルとも言えるInstapump Fury(インスタポンプフューリー)は1994 年にランニングシューズとして登場し、リーボックの代表的なフィッティングテクノロジー“ThePump Technology(ザ ポンプテクノロジー)”をアッパー部分に採用しています。“The Pump Technology”により、空気注入可能なチェンバー(空気室)から空気を入れ込むことで、シューズのフィット感を調整可能。


元々は80年代末に発売されたバスケットシューズPUMPの発展モデルとして製作されたモデル。すぐに空気を入れてパンプアップ出来るよう改良(instantly)、そしてかの有名な1stモデルであるCITRON(シトロン)が炎のように見えるイメージとして、激しい怒りを意味するfuryと言う言葉をドッキングさせてInstapump Fury(インスタポンプフューリー)と言う名前になったと言う由来があるそうです。

Reebok × yoshiokubo INSTAPUMP FURY/ CLUB C オフィシャルルック

今作の2つのモデルでは、日本の伝統的な文化要素をデザインに落とし込んでいます。このデザインには、日本が誇る古くからの文化について、より多くの人に興味を示して欲しいというデザイナーの久保嘉男氏の願いが込められています。最も注目すべきポイントは、ヒールに施された誰にも模倣できないフォントで描かれたリーボックの文字。墨汁と筆で書かれたようなカタカナのカリグラフィーは、日本をはじめ東洋の伝統や美学の一つでもある「書」をイメージしています。この文字は、本コラボレーションを行うにあたり、久保氏の父親が筆を取って書き下ろしたものです。墨汁が持つ特有の深みは、様々な”黒”を表現することに長けていると久保氏は感じており、今作ではリーボックのブランド以外でも、墨汁がはねたようなデザインを施したソール部分や、アッパーなどボディ全体に”ボクジュカラー”を採用し、ムラ染めしたような奥行きのあるデザインとなっています。

スポンサーリンク
sneakerhack 海外EC

スポンサーリンク


関連記事

ピックアップ

発売間近・SALE

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。