スポンサーリンク




Reebok

MAISON MARGIELA x REEBOK INSTAPUMP FURY タビ スニーカー 国内9月23日発売

スポンサーリンク

パリで開催されているファッションウィークのMAISON MARGIELA(メゾンマルジェラ)のショーにてREEBOK INSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)とマルジェラの名作である足袋シューズ(タビブーツ)が融合した斬新なコラボレーションモデルがデビュー。

Update 2/27 9月頃発売予定
Update 9/16 国内9月23日限定店舗オンラインなどで発売
Update 9/23

MAISON MARGIELA x REEBOK INSTAPUMP FURY タビ スニーカー

1988年に設立されたMAISON MARTIN MARGIELA(メゾンマルタンマルジェラ)。現在はJohn Galliano(ジョン・ガリアーノ)がクリエイティブデザイナーに就任し、ブランド名はMAISON MARGIELA(メゾン マルジェラ)に変更され、いまだ強い人気を持つ同ブランドが、パリで開催されているファッションウィークでマルジェラのシューズの代名詞の一つでもある足袋シューズ(タビブーツ)がREEBOKのINSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)とコラボレーションしたモデルを着用し衝撃的なデビューを果たしました。

Update フラットソールモデルとハイヒールモデルの2パターンが9月23日より発売。

リーボックオンライン 9月23日10時先行予約 10月以降に延期
Maison Margiela 9月23日
ISETAN MITSUKOSHI LUXURY 9月23日10時
阪急百貨店公式通販 阪急オンラインストア商品ページ 9月23日10時
DSMG 10月8日

シトロン、トリコロール、そしてオールブラック、オールホワイトの4カラーで、ともにフラットソールモデルとハイヒールモデルが展開され、すでに商品ページも伊勢丹、阪急ともにスタンバイ。価格はフラットソールモデルが154,000円(税込)、ハイヒールモデルが198,000円(税込み)

スポンサーリンク
sneakerhack 海外EC

かなりアバンギャルドな見た目ですが、しっかりトゥ部分がスプリットになっており、アッパーは完全にINSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)。ソールもDMXクッションが採用されており、実用性もあり…そうな気もします。ショーに登場したのは最も有名なカラーリングでもあるシトロン、トリコロール、そしてオールブラック、オールホワイトの4カラー。

足袋シューズ(タビブーツ)とは

創設者のMartin Margiela(マルタン・マルジェラ)が1988年にMaison Martin Margiela(メゾンマルタンマルジェラ)を立ち上げてすぐの1989年春夏パリコレにて発表し、今でも定番化してメンズモデルも発売したその名の通り日本の伝統的な足袋(タビ)からインスパイアされて作られたシューズで、足袋のようにトゥ部分がスプリットになっているのが最大の特徴です。デザイン性の高さから考えられない履き心地にも定評があります。

INSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)とは

「INSTAPUMP FURY」は、1994 年にランニングシューズとして登場し、リーボックの代表的なフィッティングテクノロジー“ThePump Technology(ザ ポンプテクノロジー)”をアッパー部分に採用しています。“The Pump Technology”により、空気注入可能なチェンバー(空気室)から空気を入れ込むことで、シューズのフィット感を調整可能。
2019年発売 25周年を迎えたことを記念し、アニバーサリー企画として、初期モデルであるプロトタイプの初復刻や、オリジナルカラーである“シトロン”、“サックスブルー”の復刻、90 年代にリーボックのロゴとして使用されていた、“ベクターロゴ”を全面に施したスペシャルモデルなども登場。今後もアニバーサリーモデルが続々と発売予定

これまでのインスタポンプフューリーの記事はこちら

via Instagram#maisonmargiela

スポンサーリンク


関連記事

ピックアップ

発売間近・SALE

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。